« ソーシャル・ウェブ入門 | トップページ | 2ちゃんねるはなぜ潰れないのか? »

2007年9月13日 (木)

チーム ハックス

多くの人と同じように、僕もチームで仕事をしてきましたし、今もチームで仕事をしています。一つのプロジェクトが終了した後、同じチームで引き続き次のプロジェクトに取り掛かることもあれば、プロジェクト終了後に(場合によっては、プロジェクトの途中でも)、別のチームに移ることもありました。いくつかのチームに参加してみて感じたのは、

  • 所属するチームによって、自分自身の幸せ度が全然違う
  • 慣れたチームの方が、快適に仕事ができる

ということでした。慣れたチームでは、各メンバーの役割、好み、癖、スキル、などが暗黙のうちに共有されているので、チーム全体のことが把握できましたし、メンバー間でお互いを認め合う雰囲気もありました。一方、新しいチームでは、各メンバーの役割も、好みも、癖も、スキルも分らないため、チーム全体としてどのような構成になっているのかが把握できず、また、お互いの事を十分に信頼しきれなかったため、役割やスキルの「無駄(空回り、同じ作業を二度やる)」や「抜け(誰もやってない。気にもかけてない)」が生じてしまい、戸惑うことが多かったのです。

しかし、だからといって、「慣れたチーム」で働くことが本当に良いことなのか、いくつか疑問も持っています。

  1. 慣れたチームの方が、生産性は高い気がするが、それは本当か?
  2. 慣れたチームの方が、ストレスが少ない分、改善の意識が低いのでは?
  3. 慣れたチームの方が、役割が固定される分、メンバーが自分の殻を破れないのでは?
  4. 不慣れなチームの方がやりにくいのは、単に、僕自身の引っ込み思案な性格のせいでは?
  5. プロジェクトごとにチームが集合解散するというのが普通であり、不慣れなチームでパフォーマンスを発揮してこそスキルがあると呼べるのでは?

ただ、現時点の僕の正直な思いとしては、慣れたチームで働く方が、快適で幸せで会社への貢献度も高いと感じています。実際今年から昔馴染みのチームに復帰して、まさに今実感しているところです。

しかしながら、しばらく不慣れなチームに所属して、酷い目に遭い、モチベーションも低く、辞めたい辞めたいと考えたことで、初めて得られた視点、経験、スキル、考え方、があるのも事実です。これが成長ということなのかも知れません。たとえば今こんなブログを書いているのも、その経験があったからこそだと思っています。

そんなわけで、短期的には慣れたチームに所属している方が幸せだと思いますが、自分自身の成長までも含めた長期的な幸せを考えると、不慣れなチームで苦労した方が良いのかも知れません。どちらが本当に幸せなのか、僕には分りません。経験が人を成長させる、それだけの事なのかも知れません。

さて、本当の幸せとは?という人生の難題はあるとしても、少なくとも言えることは、

  • 今所属しているこのチームを、より快適に、より高い生産性を持つように改善したい

ということです(こういうモチベーションを持って仕事に臨めるようになったことは、幸せなことだと思っています)。それに加えて、

  • 今後、不慣れなチームに入った時に、快適に仕事がしたい

ということです。だから、切実な思いで、本書を読みました。

本書は、リーダーではなく、あくまでメンバーの視点で書かれています。本書は、「出世」や「給料」については、全く記述していません。興味が無いかの様です。代わりに、チームの生産性を高める事、メンバーの感情に重きを置いています。本書は、「人間はかくあるべし」ではなく、「かくある人間がどうすれば良いか?」という考えで書かれています。

先に書いたように、快適なチームにいることだけが本当の幸せかどうかは分りません。チームとは無関係の自分というものもあります。そもそもチームを快適にしたいというモチベーションを持つようになったのは、「快適でないチームにいたから」です。チームを快適にすることが自身の出世に繋がるかどうかは分りません。だからチームハックスが全てではないと思います。しかし、少なくとも今のチームを快適にすることは幸せです。今のチームとはしばらく付き合うのですから、快適にしましょう。

|

« ソーシャル・ウェブ入門 | トップページ | 2ちゃんねるはなぜ潰れないのか? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207693/16431175

この記事へのトラックバック一覧です: チーム ハックス:

« ソーシャル・ウェブ入門 | トップページ | 2ちゃんねるはなぜ潰れないのか? »