« レバレッジ・シンキング | トップページ | Code Complete第2版(上) »

2007年9月30日 (日)

レバレッジ・リーディング

さっき数えてみたら、今月はこれで9冊を読み終えました。理想よりは少ないけど、先月までと比べてみれば、おそらく増えていると思います。週2冊ぐらいのペースだということですが、できれば15冊ぐらい読みたいところ。しかも、今月読みきったのは新書やA5版の比較的読み易いものばかりでした。というわけで、レバレッジシリーズの(僕的には)第三弾です。

本書の主張は、

  • ビジネス書を読むことは100倍ものリターンを得る超効率的な投資である
  • 読む本を選ぶことは投資対象を選ぶことだ。ただし、経済的コストはリターンを考えるとただみたいなものだのでほとんど無視してよい。むしろ選ぶため、読むための時間的なコストを気にせよ
  • 本を読む目的を明確化し、「xxxを得るため」に読め。全部を「読む」ことが目標ではない、内容を生かしてリターンを得ることが目標だ
  • 読んだ内容を生かすために、読みながら書き込み、書き込んだ内容をレバレッジメモとして抜き出し、常に携帯して頭の中に刷り込み、習慣化せよ

ということです。本好きのための本ではありません。ビジネスで成功するために、本という投資物件がいかに効率的であるか、そしてそれをビジネスで生かすための読み方について語った本です。レバレッジ・シンキングであった、「まずは目標を明確化し、そのために必要なことをやり、不要なことをやらない」を、ビジネス書を読むことに当てはめています。

正直ちょっと前までビジネス書のことを馬鹿にしていた(最近はそうでもない)のですが、もしリターンを得られるのであればいろいろ読んでみようかなと思わせる内容でした。結局、意味があるかないか、実際に役に立つか立たないかは、読んだ後の行動にかかっているわけで、ビジネス書を多読(アクティブに読む)して、自分なりに考え、行動を変えてみるというのは、クリエイティブな活動だなと思います。

まずはブログにアウトプットすることで、読書の実績を残すようにしたのが最近の第一の改善です。

|

« レバレッジ・シンキング | トップページ | Code Complete第2版(上) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207693/16617599

この記事へのトラックバック一覧です: レバレッジ・リーディング:

« レバレッジ・シンキング | トップページ | Code Complete第2版(上) »