« n進法(n進数) | トップページ | 入門xyzzy »

2007年10月10日 (水)

今日の早川さん

自分にはノンフィクションが合っていると気づいたのが今年になってから。それ以来、フィクションにはあえて挑むようなことはしていないのですが、この本を読むと、「あーSFって良いかも・・・」と思えてきます。早川書房が出版したのは大正解でしょう。

SF者の早川さん(非モテ)と、ホラーマニアの帆掛さん(モテ)と、純文学読みの岩波さん(巨乳)と、ライトノベルファンの富士見さん(ロリ)と、レア本好きの国生さん(レア)が織りなす読書好きの日常を描いた4コマ。よつばと!にテイストが近いのかな?(あまり読んだこと無いので適当に言ってます・・・)

各ジャンルへの(屈折した)愛情があふれてて、マニアや「マニアにあこがれるオタク」にはたまりません。彼女らは自分たちを卑下しているように見えますが、ある意味本読みのエリートで、僕にとっては憧れの対象です。多くの人はあそこまで本に浸かれないのではないでしょうか。少なくとも僕はそうです。

なので、僕は本読みの気分だけ味わわせてもらい、楽しかったです。どうやら僕が本を読むためには、燃料としてノンフィクションのリアリティと現世利益が必要なのです。。。残念ながら。エネルギーがあるときにエンダーのゲームでも読もうかしら。

それはそうと、国生寛子さんの名前の由来ってなに?

追記

国書刊行会なのね。。。名前は聞いたことあったけど、出版社だとは知らなかった。国会図書館と関係があるのかと思った。

|

« n進法(n進数) | トップページ | 入門xyzzy »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207693/16715919

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の早川さん:

« n進法(n進数) | トップページ | 入門xyzzy »