« Fedora7で知ったこと | トップページ | すごい会議 »

2007年10月29日 (月)

レバレッジ時間術

僕の中ではレバレッジシリーズの4冊目。

僕は本田直之の著書が好きだ。彼の言うことは尤もだし、彼の目指し、実現したこと、そして実行していることは素直にまねしたいと思う。

  • 目標を具体的に設定する
  • 時間を限定する
  • 自己投資の時間を天引きする
  • やらないことを決める
  • etc

ビジネス書を何冊か(勝間和代や古市幸雄)読んでみて分ったことは、ビジネスや人生で幸せになるための、学校で教えてくれない技術というものが確かにあるということ。そして、それは、人によって違う部分も当然あるけれど、多くの人に共通する部分もあるということだ。一冊だけ読んだだけでは、半信半疑のままだった。もしかしたら自分で自分を洗脳しているみたいなところがあるのかもしれないけれど、進むべき方向性が見えた気がする。結局のところ何かに集中/注力しないと良いアウトプットは得られないわけで、問題は何に集中するか。で、こういう本はそれを教えてくれる気がしている。最近このテの本を良く読んでいるのは、もともとは勝間和代の年収10倍アップ勉強法に端を発するのだが、中でも、本書を含む、本田直之のレバレッジシリーズの考え方、やり方には共感できた。お金持ち特有の、ドロドロ、ギトギト、焦燥、渇き、が感じられなくて良い。実際本人がどうかは分らないけれど(知らない方が幸せかも?)。

あとね、彼の、机の上に載ってるアイテムと本棚がカッコいい。ああいうの欲しい。

|

« Fedora7で知ったこと | トップページ | すごい会議 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207693/16905282

この記事へのトラックバック一覧です: レバレッジ時間術:

« Fedora7で知ったこと | トップページ | すごい会議 »