« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月の9件の記事

2007年11月24日 (土)

マネーロンダリング入門

 入門と銘打っている本の中には、著者自身内容を良く分っていなくて、読者をなめているような内容のものがあります。そういう本ははっきり言ってクズなのですが、幸い最近はWebの書評(amazonやらいろんなブログ)があるおかげで、ハズレを引くことが少なくなってきました。Webという、健全な批評の場ができたことで、内容的にしっかりしたものだけが残るようになった気がします。もしそれが僕の印象に限ったことだけではなくて事実だとしたら、幸いなことだと思います。

 さて、そこで本書「マネーロンダリング入門」です。僕は黄金の羽以来の橘玲ファンなのですが、本書については、おそらく内容的に小説「マネーロンダリング」とかぶるところが多いのだろうと勝手に判断し、読んでいませんでした。しかし、近所のブックオフで350円で売っていたのを発見。即購入しました。
#ブックオフっていうのは、恐ろしいところですね。

続きを読む "マネーロンダリング入門"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月21日 (水)

仕事を加速する技術

 あらかじめ正直に言っておくと、この本は立ち読みで読みきってしまいました。なぜなら、内容的に大したことがないから買うまでもなかったから・・・ではなく、立ち読みしていたら思わず最後まで読みきってしまったからです。

 この本の主張すること、そして僕が最も関心をしたことは、「デコードを繰り返さない」ということです。

続きを読む "仕事を加速する技術"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月20日 (火)

VirtuaWin

 仮想デスクトップとしてWinDeskWideを愛用していたのですが、設定をいろいろ調べていたら、VirtuaWinに出会いました。なかなか軽快ですばらしく、細かな設定も可能みたいなのですが、いかんせん英語なこともあり、設定方法等が良く分りません。

 試行錯誤して、まだ途中ですが、分る範囲でメモをしておきます。

参考ページ:http://it-freak.com/virtuawin:index

続きを読む "VirtuaWin"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月18日 (日)

Majestouch!

 ここ一ヶ月ほど、いいキーボードはないかといろいろ探し、調査していたのですが、とうとう本日、FILCOのMajestouch(USB/PS2, 日本語108, かな表示なし, 茶軸, 黒, FKB108M/NB)をアキバのクレバリー2号店で買ってきました。\8,893也。

 東プレのRealforce(テンキーレスモデル)とどっちにするか悩んだのですが、\19,000近くするので、やはり手が出ませんでした。実はちょっとその時テンションが下がっていて、Realforceは静かだけど、Majestouchはメカニカルだけあってちょっとうるさいかな、タッチは良いのだけど。やっぱり両方とも買うのやめるかな。と、一瞬思ったのですが、いやいや、一ヶ月悩んでやっとアキバに来たんだから。と考え直して購入しました。

 で、家で打ってみると全然うるさくありませんねこれ!(青軸だとかちゃかちゃうるさいのかもしませんね) ちょっとキーのストロークが長い気もしますが、なれると快適かも知れません。とにかくキータッチの質感が良くて満足です。ぶれなくてしっかりした感触が良いです。長いスペースバーも全然引っかからないし。高いだけのことありますね。

HHK Proの値段を考えたらずいぶんとリーズナブルだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月14日 (水)

絶対の境界

 考えていることのメモ。

 世の中には、物理法則以外に、「絶対」ということは無い。物理、化学の話題以外で「絶対」という単語が出てきた場合、それは絶対ではない。

  • 絶対に儲かります
  • 絶対に聞いてるハズ
  • 絶対に言いません

 ここではあからさまに怪しいのを並べてしまったが、怪しい意味ではなく、「絶対」という言葉を聞くことは日常的に良くある。「絶対」ということは無い、にもかかわらず、人は「絶対」という言葉が大好きで、良く使う。

続きを読む "絶対の境界"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビジネスマンのための「発見力」養成講座

昨日読み終わったのですが、今日エントリを書いてます。
本書の主張は、

  • 関心を持たないとものは見えない
  • 仮説を持つとより良くものが見える

ということです。が、これ自体はレバレッジシリーズで書かれていたカラーバス効果+α(仮説の重要性)について語っているだけで、個人的にはそれほど新しい発見はありませんでした。僕が面白い、役に立つと思ったのは、

続きを読む "ビジネスマンのための「発見力」養成講座"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月13日 (火)

今後の予定

このエントリにはアウトプットはなく、自分のための備忘録兼目標設定なので悪しからず。

個人的に2007年は色々な年だったのだけど、その中でも特にWeb2.0を意識した年だった。なので、そういう意味で今年中に読んでおきたい本を挙げておく。

  • ウィキノミクス
  • 富の未来(上下)
  • フラット化する世界(上下)

これらの書籍はまさに今読むべきで、おそらく2年後に読んでも歴史的な文献としての意味しか持たなくなるのではないか。他にも大事な本はたくさんあるけれど、緊急度はこれらが一番高そうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月11日 (日)

SHA1その3

あー、自分のスキルの無さに唖然としたのですが、前に悩んだSHA1の問題、単純なことでした。

[lucy@fedora7 sha1test]$ echo hoge | od -c
0000000   h   o   g   e   \n
0000005

そう、echoコマンドは、デフォルトでは末尾に\nが出力されてしまうのです!。。アホ過ぎる。orz
というわけで、-nオプションをつけてみました。

[lucy@fedora7 sha1test]$ ./sha1test
str=hoge
len=4
31f30ddbcb1bf8446576f0e64aa4c88a9f055e3c
[lucy@fedora7 sha1test]$ echo -n hoge | sha1sum
31f30ddbcb1bf8446576f0e64aa4c88a9f055e3c  -

めでたく一致しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月10日 (土)

すごい会議

 以前に読んだ「究極の会議」より前に出版されていた、最近流行の会議本のハシリかと僕が勝手に思っている、「すごい会議」です。

 実際に読むまでは普通の会議のハウツー本かと思っていて、あまり興味が無かったのですが(「究極の会議」が良かっただけに)、ためしに本屋で「はじめに」を軽く読んで続けて第一章を読み始めてみたら、予想外に面白そうだったので、別の本を半分ほど立ち読みですませ、結局買ってきてしまいました。第一章の冒頭はこんな風に始まっていました。

 大学を卒業して数年後、僕はブルネイ王国で石油の探査エンジニアになるためのトレーニングを受けていた。

 その会社は、新卒でも手取り1000万円ぐらい払っている会社で、社長の給料は三億円といった「やる気」のあるやつにとっては憧れの的の会社だった。

 会議の本のつもりで読み始めたら、いきなりブルネイ(ってどこ?)の軍事訓練もどきのキビシートレーニングの話から始まりました。いやー軍事訓練ネタって僕好きなんですよね。今気が付いたけど。GIジェーンとか、自衛隊のレンジャー訓練とか。つらくて僕には絶対耐えられないだろうな。。っていうか、そういう目に遭いそうな環境には絶対に近づきませんね。

続きを読む "すごい会議"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »