« 永遠と絶対 | トップページ | 自分の小さな「箱」から脱出する方法 »

2007年12月25日 (火)

Code Reading

 もう、身も蓋もない本です。オープンソースの流行をいいことに、主にC言語で書かれたソースをそのまま載せて、コードの読み方、書き方、お作法についてこれ以上はないくらい具体的に解説している本。

Code Completeが、現代のプログラミングはオブジェクト指向であるべきだ、人間が読みやすいようにコーディングをするべきだという哲学にのっとっているのに対し、本書はもうごりごりのC言語で書かれた生のソースに基づいてコーディングかくあるべしと述べています。

新規にプログラムを作成する時はCodeComplete的アプローチが正しいと思いますが、すでにあるソースのメンテナンスをするときなどは、そんなにきれいなソースが対象であるとは限りません。複雑なソースを読みこなし、奥に潜んだバグを洗い出さなければなりません。

そんな時に備えるために、本書はあります。サンプルとして乗せられたコードは、良し悪しはともかくさまざまなスタイルのもので、K&Rのいまや懐かしいスタイルのものも遠慮なく出てきます。

正直、難しすぎて(ソースを解読するだけのスキルと元気がない)全部は追いきれていませんが、10章コードを読むためのツールは役に立ちました。

あと、リビジョン管理はcvsを中心に述べられていますが、今ならSubversionかなー。

Cでコーディングするって言うのはこういうことだよって雰囲気が(実例込みで)伝わる本です。経験不足を嘆くあなたこそ読んで、経験値を上げましょう。

・・・でも、昨今はCでコーディングってのは流行らないのかな?

|

« 永遠と絶対 | トップページ | 自分の小さな「箱」から脱出する方法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207693/17480000

この記事へのトラックバック一覧です: Code Reading:

« 永遠と絶対 | トップページ | 自分の小さな「箱」から脱出する方法 »