« 雨の降る日曜は幸福について考えよう | トップページ | 宮崎アニメの暗号 »

2008年4月30日 (水)

ウィキノミクス

読み終わっていたのだがentryを上げていなかったので、書いておく。

簡単に言ってしまえば、「様々な技術や仕様のオープン化することにより、自社内だけではなく、世界の優れた人材を活用することができ、それによってより生産性が高まる」という事について語っている本。

以前にも書いたが、僕は「富の未来」と「ウィキノミクス」と「フラット化する世界」は個人的には今の時代を概観するための必読書三冊(上下も数えると五冊)だと思っているのだが、その中で本書は特に多国籍企業のとるべき戦略について語っている。

金鉱山の会社の印象的なエピソードで幕を開け、ボーイング、IBM、中国のバイクメーカー、BMW、P&Gなどの新旧の会社が、インターネットとオープン化の時代に「マスコラボレーション」によって如何に成功を収めているか、収めつつあるかについて、多くの証言に基づいて語る。

本書ではマスコラボレーションが万能ではないし、何でもオープン化すればよいというわけではないとは言いつつも、それこそが企業が今の時代を勝ち抜いていくためには大事な事であると語る。翻って自分の仕事の現状を見ると、とても仕様のオープン化など言っているどころではなく、ひたすらクローズドな世界になっている。それが会社にとって長期的にいいことなのか悪いことなのかは分らないが、単純に生産性向上という視点で見れば、仕様をオープン化した方が低コストでできる気がしてならない。そして、企業で働く個人としても、マスコラボレーションの時代がうれしいことなのかどうなのか難しいところだと思う。容易に世界中から高い技術を低コストで使うことができるとするならば、自分がそこに存在している意義はなんだろうか?これは哲学的な問いなのではなくて、単純に、自分は会社に雇われるだけの価値を持ちうるのか?という問題だ。要は「オレ、用なしになっちゃうんじゃない?」ということ。

ボーイング社は個々のパーツの設計業務から手を引き、世界中のパートナーの調整役として生きていく道を選んだとある。僕も、世界中のパートナー各社に個々の設計は任せて、自分はその調整役として生きていけるよう、スキル選択していくことが経済合理的な行動なのだろうか?技術を学ぶべきではない?未来は分らない

|

« 雨の降る日曜は幸福について考えよう | トップページ | 宮崎アニメの暗号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207693/41038285

この記事へのトラックバック一覧です: ウィキノミクス:

« 雨の降る日曜は幸福について考えよう | トップページ | 宮崎アニメの暗号 »