« 宮崎アニメの暗号 | トップページ | unfuddle »

2008年5月18日 (日)

ネットカフェ難民

あまり関係ないと思ってスルーしていたのだが、ブックオフで売っていてちょっと気になったので購入。初めのころは著者の前向きな姿勢にほほえましさを感じるものの、途中から切羽詰ったというか余裕のなさが感じられ、終わり方も読後感を不安にさせた。著者自身が本当にそうなってしまったのか、意図的な表現なのか分らないが、単純にネットカフェ難民もそこそこ気楽ですよというだけの本ではないことは確かだった。

挙動不審で(?)交番に連れて行かれ、警官が芸術について一席ぶつのを聞いて、知った風な口を利くなと反発したくなる・・・がこらえたところは笑えた。

著者は今でもネットカフェ難民をしているのだろうか。布団で足を伸ばして寝られることの幸せを改めて感じた。

|

« 宮崎アニメの暗号 | トップページ | unfuddle »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207693/41246523

この記事へのトラックバック一覧です: ネットカフェ難民:

« 宮崎アニメの暗号 | トップページ | unfuddle »