« エンジニアのためのWord再入門講座 | トップページ | Core2Duo E6300 1.86GHz 2MB »

2008年5月28日 (水)

インドの衝撃

2007年1月に偶然NHKスペシャル「インドの衝撃」の第一回を見て、タイトル通り「衝撃」を受けた。貧しさから抜け出すために必死に勉強をしていた。ラマヌジャン数学アカデミーの、広く壁もない教室ともよべないような教室にすし詰めになりながら、雨が脇から吹き込んでも気にせずIIT合格を目指して必死に勉強する姿は日本では見られないものだ。インドでは理科系に秀でていることが評価され、また報われもする。日本とは学ぶ者の必死さが違う。

IIT(インド工科大学INDIAN INSTITUTES OF TECHNOLOGY)のインドトップクラスの頭脳と伍していけるだけの頭脳が質、量ともに日本にあるのかは甚だ疑問に思った。現在の日本の世界における地位は過去の遺産によってかろうじて保たれているのではないだろうか。僕らは彼らを相手にこの先数十年戦っていかなければならない。

と同時に、本書はインドの「中間層」の台頭による消費の拡大、市場開放による農村の貧しさの実態、対アメリカで対等以上に渡り合う外交能力、民主主義であるがゆえの不安定な政権、など、様々な衝撃についても語っている。

また、核実験や核拡散防止に関するアメリカとの外交で、双方の当事者にインタビューして、当時何を考えていたのかについて語った章と、当時の発表を客観的に述べた章で、視点によって見方が変わるのが興味深かった。

なお、BRICsという言葉を生み出したゴールドマン・サックスのレポートの共同執筆者であり、二十代半ばにして名声を得たインド人女性、ルーパ・プルショサーマンの愛らしさにも驚かされた。

|

« エンジニアのためのWord再入門講座 | トップページ | Core2Duo E6300 1.86GHz 2MB »

コメント

サンジーヴスィンハ氏(Mr. Sanjeev Sinha)が代表を務める、世界的なインド人起業家ネットワークの日本支部の設立イベントのご案内です。NHKスペシャルにも出演された、米国市場で初上場を果たした、さきがけてきインド人起業家のカンワル・レキ氏(Mr. Kanwal Rekhi)も来日されます。

投稿: TiE Tokyo | 2009年1月17日 (土) 18時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207693/41348566

この記事へのトラックバック一覧です: インドの衝撃:

« エンジニアのためのWord再入門講座 | トップページ | Core2Duo E6300 1.86GHz 2MB »