« 2009/2/14は・・・ | トップページ | ならず者の経済学 »

2009年2月14日 (土)

VirtuaWin V4.0

VirtuaWinがV4.0になったので、Setupメニューを見直してみました。どうやらVirtuaWin設定で来る人が多いみたいなので。。あとで暇があればきれいに書き直したいところですが、不精なのでとりあえずテキストで書いた分を。キャプチャしてみました。

メニュー

 menu

タスクトレイのアイコンを右クリックでメニューが出ます。

  • Setup -> Setupメニューがでます
  • Window Rules -> Window Rules Window毎の細かな設定ができるみたい・・・謎
  • Re-Apply Rules -> 謎
  • Gather All -> カレントデスクトップに、全ウィンドウを集める
  • Help -> Helpが表示されます。よく読むと色々書いてあります。(英語)
  • Disable -> デスクトップの変更ができなくなります
  • Next -> 「次の」デスクトップに切り替わります
  • Previous -> 「前の」デスクトップに切り替わります

Setupメニュー

VirtuaWinの動作を設定する箇所です。メインメニューからSetupを選択して表示されます。

■Generalタブ

SetupGeneral

◎説明

Desktop Configurateion <デスクトップの数などの設定>
  Desktop layout:
      2 wide by 2 deep デスクトップの横と縦の数 2x2で。

  Enable desktop wrapping
      デスクトップの変更コマンドなどで、最初と最後のデスクトップをつなげるか。 どちらでも。

  Name of desktop X:

     デスクトップの名前。Nextボタンを押して対象のデスクトップを選択する。謎。

  Window Configuration <WindowがActiveになった時の設定ややマニアック>
   On hidden window activation: 
   [Show window on current desktop]
    他のデスクトップのWindowがactiveになった時の動きを指定する。たとえば、URLリンクをクリックしたら、別のデスクトップにあるブラウザがActiveになる時、そのブラウザをどうするか? とりあえず、"Show..."で。

   On taskbar button activation:
   [Show window on current desktop]
    タスクバーでWindowをactiveにした時の動き。??謎。

   動きは、それぞれ以下から選べる
     Ignore the event               なにもしない(On hidden window..のみ)
     Move window to current desktop 対象のウィンドウをカレントデスクトップに持ってくる
     Show window on current desktop 対象のウィンドウをカレントデスクトップに表示する
     Change to window's desktop     対象のウィンドウがあるデスクトップに移動する
   ちなみに、Move window...は対象のウィンドウを移動するのに対し、
   Show window...は一時的に今のデスクトップに表示するが、もとのデスクトップを
   覚えていて、デスクトップから移動すると、元のデスクトップに戻る。

  User Interface <メニュー表示に関する設定>
    Available window list actions:
     デスクトップ中クリックで表示される、Windowリストで、どれを表示するか。Windowリストは「やりたい事を指定→対象のWindowを指定」方式なので、ちょっと分りにくい。あまり使わない。
      Access           カレントデスクトップをWindowがある位置に移動するためのリスト。off
      Move Here     Windowをカレントデスクトップに持ってくるためのリスト。一応on
      show              Windowをカレントデスクトップで一時的にみるためのリスト。一応on
      Always Show  Windowを常に表示させるためのリスト。 off

    Mouse opens compact window list
      Windowリストをコンパクト版にするか。コンパクト版だとリストが一度にひとつだけ表示され、クリックで選択する。一応off。
    Mouse opens compact window menu
   Windowメニューをコンパクト版にするか。コンパクト版では、Move to Desk N メニューがたたまれている。 Windowメニューは使うので、たたまない。off。

■Hotkeysタブ

SetupHotkeys

 

◎説明
  Hotkeys  設定済みのHotkeyの一覧が表示される。

  Command: Hotkeyに割り当て可能なコマンドが選択できる。
           コマンドは次の3系統があるみたい。
           NAV: デスクトップ移動系
           WIN: Window操作系
           UI:  VirtuaWinメニュー表示系

  Desktop: Commandで、Desktop番号を指定するものについては、ここで指定する。

  Hotkey:  ここの欄をクリック後、設定したいHotkeyを実際に入力し、Add /Modifyを押す。

  + WIN    HotkeyにWindowキーを組み合わせたい場合は、ここにチェックする

  Add / Modify / Deleteを押さないとHotkeysは設定/削除されないので注意。

 

■Mouseタブ

 SetupMouse

◎説明
  Enable mouse desktop changeng
   マウスを画面端に移動することで、デスクトップの切り替えをするか。僕はしない派なので、off。
  Delay before changing deskto:
    マウスが画面の端に行ってから切り替えを行うまでの時間
  Enable modify key control
      Modifier:  Shift  Ctrl  Alt
    マウス操作に加え、修飾キーを必要とさせる場合、Shift  Ctrl Altから修飾キーを選べる。

  Enable desktop edge knocking
       Always required
     画面端に触るだけではなくて、画面端を「ノック」する動きを必要とするか。Always requiredは謎。

  Mouse jump length
    デスクトップが切り替わった時に、マウスカーソルを画面端からどれだけ離すか。
    くっついているとパタパタ切り替わる元になる。

    Enable mouse warping
    デスクトップが切り替わった時に、マウスカーソルの位置を反対側にするか。
    マウスカーソルを画面の右端にあわせることで「右」のデスクトップに切り替わった直後、
    マウスカーソルは、画面の左右どちら側にあった方が自然か?

  Enable middle button desktop changing

    システムトレイのアイコンの中クリックでデスクトップを切り替えるか。一応on。

  Enable middle button window list activation
    デスクトップの中クリックで、windowリストを表示するか。一応on。

  Enable middle button window menu activation
    windowのタイトルバーの中クリックで、windowメニューを表示するか。使うのでon。

|

« 2009/2/14は・・・ | トップページ | ならず者の経済学 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207693/44063289

この記事へのトラックバック一覧です: VirtuaWin V4.0:

« 2009/2/14は・・・ | トップページ | ならず者の経済学 »