« 2009年7月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年8月の2件の記事

2009年8月22日 (土)

iPhoneアプリで週末起業

何かのページで読んだのですがiPhoneアプリビジネスはいまやレッドオーシャンだそうで、すでにビジネスとしてのうまみはないのかもしれません・・・が、まだ夢はあると思います。

で、本書なのですが、タイトルからしていかにも流行のネタに乗っかった薄っぺらい本で、むしろSDKの解説本を買った方がよいかも・・・と思ったら、さにあらず。iPhoneアプリ開発ビジネスに関する、かなり具体的なノウハウ本になってます。

1章はiPhoneアプリビジネスの全体像、うまみや注意点について。2章はiPhoneに限らず、アンドロイドを中心に、NOKIAのシンビアンやMicrosoftのWindowsMobileなど、ケータイアプリ開発ビジネスの全体像について。3章は日本でのiPhoneアプリ開発者の紹介。

で、個人的には4章が本書のキモだと思います。iPhoneとMacを買ってから、自作のアプリがAppStoreに並ぶまでの事務手続きの「勘どころ」が書かれています。税務書類の書き方(裏技含む)だとか、提出方法だとか、アプリのサポートページの用意の仕方だとか、プロモーションのするための小技だとか。。。

iPhoneアプリを開発して、AppStoreに並べたい!と思っている人は、とりあえず本書を読むと、「ビジネス上の事務手続き」の面でかなりの稼動削減になるかと思います。

さて、あとはMacとSDK解説本を買わないと・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月12日 (水)

仕事をするのにオフィスはいらない

夏休みは読書週間のつもりでいろいろ並行して読んでいるのですが、分厚い本とかオライリーの本とかはなかなか読みづらくなかなか進まないなぁ・・・と、思っていたところで手に取った本書は楽しく一気に読んでしまいました。

本書の主張は、サブタイトルにあるように、ノマド(放浪者)・ワーキングのすすめ、つまり、Webサービスとモバイルのインフラを駆使して、既存の「会社」のように時間や場所を制限されることなく、自由に働くことが現実的になってきていますよ、やっちゃいましょうよ。ということです。

行きたくもない飲み会。無駄かつ苦痛な満員電車。他の人からの不意打ち的な割り込み作業。こんな非効率さから解放されたい。

キーワードは、モバイル(スマートフォン)、クラウド、サードプレイス(スタバ)です。

はっきり言って僕の憧れです。クラウド上にデータはすべて保存し、それをノートPCやiPhoneで随時閲覧、編集する。クラウドサービスと、モバイルインフラの整備により、一人で集中したいとき、リラックスしたいとき、知人と議論をしたいとき、好きなときに好きな場所で仕事ができる。深夜ですら、skypeチャットで議論ができるし、スタバでカフェモカを飲みながらスプレッドシートを編集できる。
あーそんな風に仕事したいなぁ。

本書のポイントは、

  1. そんなワーキングスタイルが現実的になってるよという紹介
  2. そんなスタイルでやっている人、会社の具体例
  3. そんなスタイルでやるための心構え「アテンションコントロール」について
  4. そのための使えるWebサービスの具体的な紹介

かなと思います。「無理に集中しようとして努力して疲れて」という指摘にはなるほどと思わされました。そもそも集中できないような要素はあらかじめ排除しておくことは大事だと思います。個人的には今でもブラウザで余計なページのタブは開いておかないとか、受信メールがあると気になるのでメイラーは常駐させて置かないとかやってますが、ノマドになるとしたらより自覚的にやる必要がありそうです。

あと、気になったのは、紹介されていた人がやはり(?)Let's noteを使っていたことです。やっぱりモバイルPCの王道はLet's noteなのかなぁと思ったしだいです。X40も(1.8インチHDを除けば)いいと思いますけどね!

最後、紹介されていて気になった(知らなかった)Webサービスとして、蔵書管理のメディアマーカー があります。なにやら著者の人が強く推薦している蔵書管理サービスらしいので、ちょっと登録してみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年10月 »