« MacBookパーフェクトガイド2010 | トップページ | FREE »

2010年1月31日 (日)

パターン、Wiki、XP

 最初、デザインパターンとか、Wiki、XPについて、「哲学的な」視点から、昔の建築家の思想との類似性を見いだしてなんかそれっぽいこと(ポストモダンがどうとか)を言うのかもなぁと思っていたのですが、さにあらず。
 デザインパターン、Wiki、XPの背景にある哲学は、建築家アレグザンダーの思想が原点であり、そこからベックのソフトウェア開発プロセスへの応用、カニンガムのWikiへの応用と続いていくという、半世紀近くにわたる歴史が述べられています。
 むしろ今まで「Wiki」や「パターン」の思想的背景について語られてこなかったことの方が不思議で、著者もはじめは「Wiki」の歴史について調べようと思い、せいぜい1991年(ティム・バーナーズ=リーのWebの発明)までさかのぼれば良いだろうと思っていたとのこと。
 まさか、Wikiの原点がWebより古いとは。そしてそこにアラン・ケイが絡んでいたとは。さらにその思想の原点が1960年代の建築家の思想にあったとは。

 余談ですが、オブジェクト指向の提唱者がアラン・ケイだと初めて知りました。そして、オブジェクト指向とGUIは密接に関係していたんですね。

 アレグザンダーが生んだ思想がソフトウェア開発の世界で花開き、再びアレグザンダーにフィードバックされていったp.107の記述は、感動的ですらありました。

 現代のソフトウェア開発プロセスの思想的な背景、デザインパターンの思想的背景について興味がある方は是非。そうでない方も、そこには一連の思想が流れているということだけでも知っていると良いのではと思います。
 参考文献欄も充実しているのでまた読みたい本が増えました。

|

« MacBookパーフェクトガイド2010 | トップページ | FREE »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207693/47445691

この記事へのトラックバック一覧です: パターン、Wiki、XP:

« MacBookパーフェクトガイド2010 | トップページ | FREE »