カテゴリー「アニメ・コミック」の3件の記事

2008年7月29日 (火)

ネットは広大だわ・・・

この台詞が初めて士郎正宗のマンガで語られた時、そして、押井守のアニメで語られた時、「ネット」なんて言葉を使う人は世の中に少なかったし、ネットの「広大さ」について実感している人はほとんどいなかったと思う。

当時は「ネット」なんていうのは「モビルスーツ」とか「サイバースペース」なんかと一緒でSF的な用語だと思われていて、まさか今のように一般用語になるとは思いもしなかった。

「昨日ネットで見たんですけど・・・」「これ、ネットで買ったんだ」等等。

なので、「ネット」というとSF用語というイメージが今でもあるので、インターネットのことを「ネット」と呼ぶことに、まるで日常会話で「サイバースペース」って単語を使うかのごとき面映さを感じてしまう。。。のは古いセンスなんだろうなぁ。

当時はTCP/IPなんてものは全く知りもしなかったし、映画「ウォーゲーム」がどこまで本当なんだろう?っていうのがせいぜいだった。

しかし!来るべき近未来!2008年の今やネットは社会のインフラになった!「記憶の外部化を可能とし」た!ネットは広大になった!マトリックスがパクった!

押井守は、DVDでしか観たことのない人に見て欲しいといっているが、攻殻機動隊2.0は、当時映画館で「企業のネットが星を被」う近未来を夢見た人にこそ、今見る価値があると思う。

 

今回は勢いで多少感情的なエントリになったので、即物的な感想をいくつか。

  • 清掃局員は千葉繁じゃなかったっぽいけど?
  • 音はさすがに迫力があった。車のエンジン音がすげぇ
  • オープニングのCGはかっちょ良いし、エロい(もうちょっとやってくれても・・・)
  • 「企業のネットが星を被い、電子や光が・・・」の文章好きだったんだけどな
  • 榊原良子はとても良い。っていうか当時からそうすりゃ良かったのにと思ってた
  • Blu-ray版欲しい。。。
  • イノセンスのごとき色調の調整は良い

では、また。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月19日 (土)

あのうた

最近は職場で先輩に借りたバッハばかり聞いて癒されていました。聴きながら落ち着けて、集中できて眠れるなんて、なんてバッハは素晴らしいんでしょうか。曲名とか全然覚えませんが、とにかくバッハは快適です。

で、もはや買いたいCDなんて全然ないと思っていたのですが、今日買っちゃいました。

偶然書店に併設されているCD屋の近くを通りかかると、聞き覚えのある曲が流れてきました。なんだっけかな、これ聴いたことあるな。。。何か引っかかるものを感じて立ち止まって聴きながら記憶を手繰っていると・・・「ロマンティックあげるよ」じゃん!橋本潮じゃん!でも違う人が歌ってるな。しょこたんかな。でももうちょっとふわっとした感じだな。ボサノバアレンジだな。結構いいな。だれだろうな。。。と思っていると、次の曲がかかりました。「♪しおかぜを・・・」ふしぎの島のフローネか!!!やられました。どこだどこだと探して見当たらないので店員さんに「今かかってるCD分ります!?」「これです」「ください」

というわけでアマゾンからパクってみました。


1. 銀河鉄道999「銀河鉄道999」より
2. 悲しみよこんにちは「めぞん一刻」より
3. やつらの足音のバラード「はじめ人間ギャートルズ」より
4. 君をのせて「天空の城ラピュタ」より
5. はじめてのチュウ「キテレツ大百科」より
6. ロマンティックあげるよ「ドラゴンボール」より
7. 裸足のフローネ「家族ロビンソン漂流記 ふしぎな島のフローネ」より
8. 恋の呪文はスキトキメキトキス「さすがの猿飛」より
9. 真赤なスカーフ「宇宙戦艦ヤマト」より

選曲もアレンジも歌声も素晴らしいです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年10月10日 (水)

今日の早川さん

自分にはノンフィクションが合っていると気づいたのが今年になってから。それ以来、フィクションにはあえて挑むようなことはしていないのですが、この本を読むと、「あーSFって良いかも・・・」と思えてきます。早川書房が出版したのは大正解でしょう。

続きを読む "今日の早川さん"

| | コメント (0) | トラックバック (0)